教育ってなんだろう?

社員教育と挨拶について

教育は、高校や大学を卒業してからも行われます。
それが、社会人になってからの社員教育です。
今まで、勉学を、勉強してきたため、社会のルールを知らないことから、そう言った社会人としても勉強や就職先の業界の勉強などを行うのが一般的です。
その為、企業によっては、研修などを行い勉強をしていくのですが、まずは、挨拶からです。
大人になると挨拶は、とても重要なことになります。
出勤したら挨拶を行うというのは、自分が来たことを相手に伝えるだけではなく、朝は挨拶を行うという礼儀作法、当たり前の行為となります。
挨拶を行わないというのは、社会人として失格という評価をされてしまうため、必ず行うように教えます。
次に、制服の着方や身だしなみ、などの細かいお話などがあります。
次に、企業によって、お仕事を行うために、やり方を先輩から教わるのですが、教わる場合には、お願いしますと、必ず、お願いをして、教わった後には、教えてもらったことに感謝をして、お礼の挨拶を行います。
この挨拶は、人にものを教わるための礼儀のため、重要です。
このように、社員教育とは、挨拶に始まり、挨拶に終わります。
このことからも、挨拶が重要ということが分かります。